ビジネスマナーと営業トークの基本とコツ

ビジネスマナー営業トークの基本とコツについて解説しています。

メニュー| ビジネスマナー お茶 | ビジネスマナー メール | ビジネスマナー 研修 | ビジネスマナー 手紙 | ビジネスマナー 電話 | ビジネスマナー 名刺交換 | ビジネスマナーとは | ビジネスマナー検定 | 営業トーク | 営業とは | 営業ノウハウ | 営業力 | 住宅営業売り方 | 飛び込み営業 |

ビジネスマナー お茶

ビジネスマナー お茶

ビジネスマナーの中でも、お茶出しはおもてなしの心が大切になります。緑茶を出すことが多いですが、お茶にすると喜ばれるでしょう。お茶の種類に合わせた温度で淹れ、冷めにくいように予め、湯のみなどの器にもお湯を入れて温めておきます。運び方としては、お盆に茶托と茶碗を別々に置き、こぼしたときのために、ふきんも用意してください。両手で位置にお盆を息が左右どちらかにずらして歩きます。ノックして、「失礼します」と声をかけてから入室するといいでしょう。サイドテーブルがあればサイドテーブルの上に、なければ、テーブルや下座の端にお盆を置き、茶托の上に茶碗をセットして、右側からお茶を出します。右側から出せない時には無理をせず、左や前から出し、「左(前)から失礼します」と一声添えるといいです。茶碗の柄が正面に注意して、上座に座っているお客様から出していきます。お客様に出し終わったら、自社の役職の高い人からお茶を出して完了です。前で一礼して退出します。お茶の数が足りなくなったら、お客様から出していって、自社の人の分を後で持ってくるといいです。お茶を出す時には、「どうぞ」と一声添えますが、お話中の時は無言で、目礼だけにします。お茶を出し、邪魔をしないですばやく去るのが理想です。


関連性のある記事